結局見直したので生命保険の死亡給付金です

おひとりさまなので数千万円も死亡給付金をもらっても意味がないと考えたのです。掛け金のうち死亡給付金を薄くして医療部分を強化しました。特にがん治療法はバブル期と比べて先端医療となっています。その先端医療に関わる部分を特約に付与しました。また入院や通院についても保険金がもらえるようにしました。社会に出た当時は残された家族のための保険と思いましたが、今では完全に私の経済的な負担を緩和する方向に舵を切ったのです。死亡給付金は、母の亡くなった当時の葬式代を参考にして決めました。結局、住宅購入時の保険の見直しは、死亡給付金を薄くし医療や先端治療を厚くというように相殺する結果になりました。社会に出て四半世紀になります。まだ毎月の保険料を支払うだけで、一度も保険金を使ったことがありません。いざというときの保険です。60歳定年であれば、あと13年勤務です。65歳定年であれば、あと18年勤務です。サラリーマン生活は折返し地点を過ぎました。これから保険金をもらうケースが増えるのではないかと思っています。特に母の亡くなった年齢に近づいてきたので、要注意と思っています。


ザート商会 求人

ザート商会 求人

ザート商会 求人

トロント 留学 学校

【東京・横浜限定】水回りのリフォーム専門業者